【2009.04.01】
【刈り掘る庭JAM Vol.50】

終わりました!刈り掘る庭JAM Vol.50!!

ライヴに来てくれたたくさんのお客様、

そして主催者、関係者、ギルティのスタッフの方々、

競演いただいた素晴らしいバンドの皆々さん

本当にどうもありがとうございました!!!

素晴らしいイベントに参加できて、感謝感謝感激感激です。

今回私達はいつもの機材に加えて鍵盤、レスリーをはじめ、

ドラムセットも小さめのですが久しぶりに持って行きました。

この日の対バンの皆さんはいつにも増してこだわりのバンドさんばかりで

トリビュートするアーティストへの想い、愛情溢れるパフォーマンスと、

貴重な機材を一日でたくさん拝見できて、ちょっと得した気持ちになりました。



私達は二番目で17時半、本番突入!!

いつもより長めのセットリストはご覧のように盛りだくさんで

なんと言っても うちのモットー、明るさ、楽しさ満点に

意外さも加えて演奏させてもらいました。


2009.03.28(sat)
shibuya GUILTY

[SET LIST]
over the rainbow
1, Spotlight Kid (Dream chaser Special version)
2, Bring On The Night (Dream Chaser)
3, Street Of Dreams
4, Ton Airey Keyboards Solo~Lost In Holywood
5, Gan Guitar Solo~Can`t Happen Here
6, Ton Airey Keyboards Solo~Eyes Of Fire~Stargazer~
7, ~Stranded
8, All Night Long
9, Death Alley Driver (Dream chaser Special version)

Gan Guitar Clash !!

2曲目の Bring On The Night は私達のバンド名の

由来の曲でもあり、念願の初披露ができて最高でした!

6曲目の Eyes Of Fire は VoのMitsulynn Turner のリクエストで、

そこから続いてのStargazer~Stranded はジョー時代の

レインボーのライヴを再現してみました。

さらに今回は大胆にも新加入のトンエイリーがオルガン、ムーグと

多彩に使用してのソロタイムを二回やらせてもらいました。



ライヴ直前のセッティングにも余裕のトンエイリー

ラストの Death Alley Driver は、昨年秋の初ライヴの際の

スペシャルバージョンをお送りしました。

8分弱の演奏になるこの Death Alley Driver は色々なネタを満載した

うちのバンドの象徴的な演奏曲です。

そして最後にこれは Gt の Gan の念願だった、

初の ``ギタークラッシュ`` 逝かせていただきました!!

この日のためにギターを壊す練習をしたとかしないとか・・・



ギターが成仏できるように祈ったトンエイリー、楽屋本番前のSHOT

あっという間の50分間のショーでしたが楽しんでもらえましたか?

私達は完全燃焼させていただきました!!!

そして今回もたくさんの皆さんにアンケートを書いていただけました。

たくさんの暖かい言葉、励ましのメッセージ、貴重なご意見、

本当にありがとうございます!!!

Dream Chaseはこれからさらにがんばっていきます!!!

次回はもうすぐの4月5日日曜、二回目の亀戸ハードコアさんに

お世話になります!

http://www.kameido-hardcore.com/weblog/home/index.html

ではでは皆さんまたライヴ会場でお会いしましょう!!

Batch

<BACK>